So-net無料ブログ作成
検索選択
ホームレスのおっさん ブログトップ

ホームレスのおっさんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話^^ [ホームレスのおっさん]



ホームレスのおっさんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話


だいぼんさんの笑えるお話しです、最初は真面目なお話しなんですが^^


読んで面白かったのでシェアしたいと思いました(^-^;


~ここから


自由な人生を手に入れるための考え方!


経済的に自由になるということは、言いかえれば、
他人の人生に影響を与えられるということでもあります。

例えばビル・ゲイツやウォーレン・バフェットは、
これまでに数百億ドルにものぼる寄付を行い、
難病の克服や教育支援、途上国の貧困解消に多大な貢献をしています。


僕は富豪というわけではありませんが、金銭的な自由を得たことで、
数人程度の生活なら無理なく支えることはできます。

借金生活のどん底にいた両親を救い出すことができましたし、
本当に困っている友人を助けることもできました。



現在も親友に部屋をタダで貸しています。

彼は起業準備中で、あまりお金がありません。

彼が僕の近くに住んでくれることで、
僕の生活の質も上がるので(楽しいので)、
僕が提案して彼用の部屋を借りてあげました。


その後、別の友人とその奥さんも諸事情あってその部屋に転がり込み、
にぎやかなシェアハウス状態になっています。

僕の家からは徒歩数分だし、僕の部屋もちゃっかりあるので、
最近は僕もこの友人用の家で過ごす時間の方が長いです。

よく朝までわいわいゲームやったり、どうでもいい会話をしたりしています。

(わりと良い立地なので家賃が月26万ほどかかってます)



「友達に部屋を借りてあげるなんて非常識!」
「お金がもったいない!」

と、家族にだいぶバカ扱いされました(笑)



まあ、常識はどーでもいいんです。

月26万を節約して通帳の数字をコツコツ増やすことと、
気兼ねなく遊べる友人たちが常に僕のすぐそばにいてくれること。

どちらが僕の人生の幸福度はアップするかなと考えたら、100%後者なので。

高価なものを買ったりするより、最高のお金の使い方だと思います。



ただ、僕は割とこうやって周囲の人たちにお金を使ってしまうのですが、
一度だけ、トラウマレベルでひどい目にあったことがあります。

この事件をきっかけに、僕は人にお金を貸したり、
使ったりということに対して少し慎重になりました。

人を助けられるからといって、誰彼かまわず助けるべきではなかったのです。


あなたが経済的自由を手に入れると、色んな人に頼られる場面が増えます。

仮にそれが友人だったり、昔お世話になった人だったりしたら、
ついつい助けたくなってしまうのも無理のない話です。

しかし、人を金銭的に支援する際は慎重にならないと、
その人が幸せにならないばかりか、
あなたまで不幸に引きずり込まれてしまう可能性があります。


忠告の意味も含めて、以前僕が悲惨な目にあった事件について
詳しく書いた記事を紹介します。

非常に大きな反響があった記事です。

良かったら読んでみてください。


・ホームレスのおっさんを生活保護した話 ⇒ 前編はこちらから


・ホームレスのおっさんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

⇒ 後編はこちらから




ホームレスのおっさん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。